FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

診断書

先月の心臓検査の診断書が届きました。

診断書

診断書 上は身体検査の診断表
 下は尿・糞便・血液検査の結果表

 【身体検査】
 被毛・皮膚:正常でノミなし
 眼:両眼ともに水晶体透過性の低下
 耳:軽度の耳垢
 口腔・歯科・咽喉頭:歯石沈着
 心血管系・呼吸器系:
   聴診では心雑音は聴取されず
 四肢・骨格系:正常
 腹部・胃腸系:正常
 尿生殖器系:正常
 神経系:正常
 リンパ系:正常

 【尿検査】正常
 【便検査】正常 
 【血液化学検査】正常

 
 【血液血球検査】機械測定では血小板数の減少が認められたが
            顕微鏡検査では十分数確認されたので問題なし
 【胸・腹部レントゲン検査】正常
 【胸部超音波検査】僧帽弁の肥厚、僧帽弁領域での血液の逆流が認められた
             軽度の僧帽弁閉鎖不全症と診断される
 【血圧測定】平均収縮期圧180.1mmHg / 平均拡張期圧100.5mmHg やや高血圧

             **獣医師のコメント**

僧帽弁閉鎖不全症の症状は軽度な段階であり、心臓への負担もそれほど無い状態です。
よって治療は必要ないと思います。
しかし遅かれ早かれ徐々に進行していくことが考えられます。
定期的に健康診断で状態をチェックしていくのが良いでしょう。

高血圧が認められましたが、だいぶ興奮してましたので、普段とは違う値が出てしまった可能性があります。
今後も定期的に何度か測定していくと良いでしょう。

その他、全体的にみて加齢性の変化以外大きな異常はなく、年齢的には結果良好だと思います。
もし歯石除去術など何か鎮静麻酔下の処置をご希望、あるいは必要な場合には今のうちに済ませておくのが理想的です。

最後に、加齢に伴い視力、聴力、筋力低下などの肉体的な衰え、そして新しい環境に慣れづらくなったり、いろいろ頑固になったりする精神的な変化が多く認められることと思います。
定期的な健康診断はもちろん大切ですが、なにより美味しい食事を食べ、のんびり楽しく過ごすことが長生きの秘訣ではないでしょうか。
 
              **********

以上、病院からの報告でした。
今日もテツは元気にしております。









 
 

 

| 柴犬テツとの暮らし | 16:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT