PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

フィラリア

今月からフィラリア予防の投薬です。勿論イヴにとって初めてのこと。
昔は錠剤しかなかったけど、今はいろんな種類がありますよね。
先代犬のテツ、先々代犬のナナも錠剤をフードに混ぜて与えていましたが、
イヴのフードは小さく、混ぜてもバレてしまって食べないかな?と思い、
おやつと勘違いして食べてくれたらと、ビーフ味のチュアブルにしました。

さぁ~イヴちゃん、お薬ですよ~ いやいや、おやつですよ~

フィラリア

ガン見。完全におやつと勘違いしているようです。はい、どうぞ。

フィラリア

何の抵抗もなく食べてます。美味しい?

フィラリア

ペロッと舌を出して・・・ 美味しかったようです。

フィラリア

試しに薬が入っていたケースを差し出してみると、ペロペロと舐めてました。
食べなかったらどうしようって思ってたけど、即完食で良かったです

| ケア | 17:46 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

トリミング後のイヴちゃんも可愛いですねi-184
うちは・・・1ヶ月ケチろうと思い私が気になる部分をチョキチョキi-56シャンプー&ブラッシングも頑張ってますi-236
ちなみに・・・今雷がなっていますi-5りんはビビリまくりで私の膝の上にいますi-201
あと・・・フィラリアの薬ですが地域によって与える時期って違うのですか?うちは今月3回目をあげます。

| りんママ☆☆ | 2010/07/01 20:07 | URL |

りんママさんへ

トリミング、ご自分でなさっているのですか!?
尊敬します!私は無理~(笑)プロに任せます(^^ゞ
雷、イヴはまだ未経験です。どうなるかしら?

フィラリア、蚊の発生時期が異なるので地域によって違いますが、
獣医さんのフィラリアに対する理解度によっても違うようですよ。
蚊に刺されても幼虫は暫く皮膚や皮下組織にいるので予防薬は届きません。
つまり、処方してもらう時に抗体検査をすると思いますが、
そこで問題がなければ、その後すぐ刺されても暫くは大丈夫という事です。
幼虫が成長し子虫になって体内に入り込んでから薬が作用するので、
蚊の最終活動後1ヶ月くらいまでは投薬しないと、
最後に進入した幼虫は駆除出来ず、体内で成長するという事になります。
温暖化の為、関東だと11月まで蚊は生息してますので、
12月までは投薬する必要があるかと思います。
フィラリア予防薬とは、蚊に刺されるのを予防するのではなく、
刺されて体内に入った幼虫を、心臓に達する前に駆除するという事です。

| ゆう | 2010/07/01 21:44 | URL |

いちをプロに任せることのほうが多いですが・・・今回はケチっていますi-2295月末に行ったので7月末に予約を入れる予定でいるんですi-56りんは・・・涙やけがひどいので気になるとチョキチョキしちゃうんですi-201フィラリアのこと・・・詳しく教えていただきありがとうございます。私の住んでいる地方は、蚊の発生が早いと思いますi-202子供が、外で遊んで帰ってくると5~6個赤い部分があるんですi-182これからもっと多くなるというのに・・・毎年こんな状況なので何だかなぁぁ・・・埼玉の山奥だからかなぁぁ~?

| りんママ☆☆ | 2010/07/01 22:17 | URL |

りんママさんへ

確かにケチりたくなりますよね~
人間より頻繁に行っているんですものね。
涙やけはフードの影響もあるようですよ。
イヴには涙やけ防止のサプリを与えています。
フィラリア、お役に立ちましたでしょうか?
気になるようでしたら、再度獣医さんにお聞きになってみて下さい。

| ゆう | 2010/07/01 22:40 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT